バヅクリロゴ
【60分版】アナウンサーが教える食レポワークショップ〜これであなたもボキャブラリーの宝石箱!〜

【60分版】アナウンサーが教える食レポワークショップ〜これであなたもボキャブラリーの宝石箱!〜

【60分版】アナウンサーが教える食レポワークショップ〜これであなたもボキャブラリーの宝石箱!〜のイメージ画像

この研修プログラムの狙い

解決イメージアイコン
相手に伝える表現力と語彙力を向上させる
解決イメージアイコン
恥ずかしさを外して素直な自分をさらけ出して相手と共有することで深いつながりを醸成

本プログラムについて

参加人数目安:50名
所要時間:60分
本イベントはzoomを用いてのオンラインでの開催とさせて頂きます。
zoomのURLについてはお申し込み後に、本イベントページよりアクセスが可能です。

オンラインミーティングで相手に伝える際に重要となる「表現力」を、食レポを通じて学び・実践するワークショップ。

お好きな飲み物・食べ物を用意してもらい、みんなで食レポをアソビ・学ぶ一体感と、表現することによる普段見えないお互いの姿を共有することにより、お互いの相互理解を促進します。

アナウンサー/レポーターが食レポの基礎を教えてから、表現力を上げるための表情筋と滑舌のトレーニングを行います。 さらに、食レポに必要なトンマナやボキャブラリーを実演形式でレクチャーします。 食レポは単なるテレビ番組の企画ではなく、オンラインでのプレゼンに使えるテクニック満載です。 相手の良いところの見つけ方、誉め方、リアクション方法など、お客様や上司と部下との良好な関係構築に役に立つ術がたくさんあります。

表現する楽しさも実感できますが、日常生活の感受性も豊かになります。

※このプログラムでは「nonpi foodbox」を使って、参加者同士が同じ食べ物や飲み物を召し上がりながら実施することも可能です。詳しくはお問い合わせください。

プログラム構成

1.はじめに ・本プログラムの説明 2. アイスブレイク 【全体ワーク】表情筋トレーニング 【グループワーク】声を意識した自己紹介 3. 食レポを学ぼう ・アナウンサーが教える五感での伝え方 ・アナウンサーが教えるボキャブラリーの増やし方 4. 食レポをやってみよう 【グループワーク】飲み物or食べ物の食レポ実践 5. まとめ・質疑応答

概要

会場

オンライン
※zoomを使ってのオンライン開催となります。事前にインストールをお願いいたします。
※zoomのURLについては、申し込み完了後、こちらのイベントページからアクセスができます。
※zoomに障害が発生し利用が困難な場合は、代替開催場所をメールにてお伝えさせていただきます。

担当講師のご紹介

加藤 美子
株式会社トークナビ所属。元ケーブルテレビ局アナウンサー。番組メインキャスター、ラジオ番組パーソナリティ、式典司会他多数。大学卒業後、地元(岐阜)の放送局にて、情報番組のアナウンサーやバラエティー番組のMC、災害放送の生中継リポーターやラジオを担当。ニュースの取材や原稿・台本作成なども経験。現在は拠点を東京に移し、講師業も積極的に行う。
猪崎 新奈
株式会社トークナビアナウンサー講師。KBC九州朝日放送パーソナリティ。番組リポーター、ラジオ番組パーソナリティ、各種イベント司会、ナレーション他多数。大学在学中にラジオ番組のオーディションに合格し、RKK熊本放送でパーソナリティとしてデビュー。ラジオをメインに活躍し、これまでにパーソナリティ、リポーター、CMナレーション、MCなど様々な経験を持つ。座右の銘は「継続は力なり」。
※ご希望の日時や講師の都合によっていずれかの担当講師が決定されます。
※上記以外の講師が担当する場合もございますのでご了承ください。

必要準備物

・お好きな食べ物or飲み物(食レポしたいもの)
イベントによっては上記以外で追加で準備が必要なものが発生する場合があります。
イベント前に送られてくるメッセージを必ずご確認くださいますようお願いいたします。

所要時間

60

参加人数目安

50