チームのパフォーマンスを向上させるために、積極的に取り組みたいチームビルディング。
そこでチームビルディングを行う際におすすめのワークショップをご紹介します。
ワークショップを実施し、パフォーマンスの高いチームを作りましょう。

チームビルディングの重要性

チームビルディングのためにすでに様々な取り組みを実施している企業や、今後、取り組みを開始しようと検討している組織は多いでしょう。
それほど、チームビルディングは重要だと認識されているということです。

チームビルディングに関するアンケート結果
出典:HR総研

HR総研が2011年に166社に対して実施したアンケートでは、チームビルディングの必要性を「非常に感じている企業」は約半数、「まあまあ感じている」企業を合わせると8割以上にものぼりました。
リモートワークが普及し、働き方改革も進められる今、さらにその重要性は高まってきていると思ってもいいかもしれません。

一体、チームビルディングを実施すると、どのような効果を得られるのでしょうか?
まずはチームビルディングの意味や、実施する目的をみていきましょう。

チームビルディングとは

チームビルディングは直訳すると「チームを構築する」という意味になり、主に組織のパフォーマンスの向上を図るための取り組みなどを指します。

ちなみにチームと似た言葉にグループという言葉がありますが、何か目的がある団体をチーム、目的がない団体をグループと呼ぶそうです。

チームビルディングの目的

チームビルディングを行う大きな目的は、先ほどもご紹介したように組織のパフォーマンスの向上です。
その目的を達成するために、

  • メンバーの関係性を構築する
  • マインドセットを醸成する
  • 企業やチームのビジョンを浸透させる
  • チームのカルチャーを作り出す

などを小さな目的・ゴールとしてワークや研修などを実施します。

チームビルディングはこう行おう

チームビルディングを行う組織

チームビルディングを行う際に、押さえておきたいポイントをご紹介します。

1. コミュニケーションの取りやすい環境を作る

チームビルディングを行う際に、コミュニケーションはとても重要なものになります。
心地いいコミュニケーションなしでは、パフォーマンスの高いチームは作り出せないと言っても過言ではありません。

心地よいコミュニケーションを行うには、

  • 心理的安全性
  • 深い相互理解

が重要になります。
コミュニケーションは密に行われていればいいというわけではなく、心地いいと思う距離感や頻度は人それぞれです。
それを知るためには、メンバーそれぞれのパーソナリティを知る必要があります。

ありのままをさらけ出せる環境を作り出し、メンバーがちょうどいいと思う距離感や頻度でコミュニケーションを取れるようにしましょう。

心理的安全性について詳しくはこちら

2. 貢献の意欲

自分がどのようにチームに貢献できるかを、メンバーそれぞれが自発的に考えてくれるような環境やカルチャー作りをしましょう。
チームのことを積極的に考えてもらうためにはチームに対する愛着を高めることや、みんなでチームを作り上げているという認識を持ってもらうことが大切です。

そして、チームに対し貢献できていると感じることで仕事に対するモチベーションが向上し、チームに対する愛着もさらに高まります。
メンバーが積極的に行動や発言することで、業務やチームの在り方にとって重要となる意見も出てきやすくなります。

3. 目標やビジョンを組織全体に周知させる

チームの目的やビジョンをメンバー全員に周知しましょう。
そこからその目的やビジョンを達成するためのマインドの醸成を目指していきます。

ここでポイントとなるのはその目的やビジョンを押し付けないことです。
強制的な目標になることで、「やらされている感」を感じてしまいチームビルディングに関する取り組みに対してモチベーションが低下してしまう可能性があります。

4. 個々の役割を明確にする

チームビルディングを行う際は、メンバーの個性を重要視します。
適材適所でそれぞれの持ち味を活かし仕事に取り組み、また、その個性を認め合うことでチームのパフォーマンスが向上するためです。
認められることで、仕事に対するモチベーションも向上します。

個性を大切にしそれを認め合うためには、まずメンバーそれぞれの得意不得意や特徴を知り、それに合わせて役割を設定しましょう。

チームビルディングに使えるワークショップ

チームビルディングのためのワークショップを実行する様子

チームビルディングに使えるワークショップを10種類ご紹介します。
1〜5のワークショップは、研修やチームビルディングのためをのワークショップを企画・運営するサービス「バヅクリ」を利用して実施することができ、オンラインでも実施可能です。

ワークショップを実施し、相互理解を深め、心理的安全性を高めることでチームのパフォーマンスの向上を目指しましょう。

1. おえかきワークショップ

バヅクリのおえかきワークショップ
出典:バヅクリ

絵を描くという非日常な体験を共に行い、メンバー同士の親睦を深めます。
描くものは何でも構いませんが、将来の夢や自分のお気に入りの場所など、自身に関するものを描きそれをシェアすることで、相互理解を深めることにも繋がります。

絵に描くことで言葉では伝えにくいニュアンスや、言いにくいことも素直に表現できるというメリットがあります。

人数20〜50名
所要時間60〜90分

2. 演劇ワークショップ

バヅクリの演劇ワークショップ
出典:バヅクリ

「演劇」と聞くとハードルが高そうなワークショップだと感じるかもしれませんが、初心者でも楽しめ非日常な体験ができるワークショップです。
演技を通し参加者同士で、それぞれの持つ喜怒哀楽、考え方、価値観をシェアし合います。

また、チームで1つの芝居を作ることで、チームメンバーの一体感を醸成できます。

人数20〜30名
所要時間60〜90分

3. 筋トレワークショップ

バヅクリの筋トレワークショップ
出典:バヅクリ

みんなで筋トレを行うことでチームの一体感を醸成します。
筋トレと聞くと1人で黙々と行うトレーニングをイメージするかもしれませんが、筋トレという体験を共有し共に達成感を味わうことで、オンラインで実施しても気がついたら仲良くなっているという不思議なワークショップです。

また同ワークショップではチーム分けをし、チームごとに筋トレの速さを競います。
提示された筋トレプログラムをどうしたらはやくこなすことができるか、チームメンバー同士で作戦を立てる際にコミュニケーション機会も作り出されます。

人数30〜50名
所要時間60〜90分

4. オンライン焚き火

バヅクリのオンライン焚き火
出典:バヅクリ

オンライン焚き火では画面に焚き火の映像を映しそれを見ながら、悩みやこれからしたいこと、夢などを語り合います。
焚き火にはリラックス効果があり、普段はなかなか口にしにくいことも素直に話せるようになります。

人数〜20名
所要時間60〜90分

5. 思い出ポロポロチームビルディング

バヅクリの思い出ポロポロチームビルディング
出典:バヅクリ

お題にあったモノやコトに関連する思い出をシェアするワークショップです。
参加者のバックボーンや価値観などを知ることができます。
深い相互理解を作り出すことができ、良好な関係性の構築が可能になります。

人数〜100名
所要時間45〜90分

6. チェックイン

チェックインとは、これから行われる会議やワークショップなどに対する今の自分の気持ち・感情を率直に発表するシンプルなワークです。
これからの取り組みや場に参加することを表す行動になるので「チェックイン」と呼ばれます。
アイスブレイクによく利用されます。

とてもシンプルなワークですが気持ちの切り替えを促すワークであり、その他の参加者が話を聞き発言を受け入れてくれることにより、これからの時間の中で発言がしやすくなります。

人数〜20名程度
所要時間30分程度

7. WIND&ANCHOR

自分がポジティブになれる環境や行動、またはネガティブになる環境や行動とその理由を発表します。
仕事をする際に参加者が心地いい環境や進め方、コミュニケーションの取り方などを知ることでスムーズに業務を進めることができます。
また、その人の価値観やパーソナリティーを知ることにも繋がります。

人数〜20名程度
所要時間60分程度

8. Where I’m from ポエム

  • 自分のパーソナリティ
  • 大事にしている価値観や信念
  • 趣味や熱中していること

をポエムにして発表します。
ポエムにすることで、普段は恥ずかしくてストレートに表現できないことでも、思いをスムーズに言葉にすることができます。

人数〜20名程度
所要時間60分程度

9. 陽口ワーク

陰口の反対を意味する「陽口」を言うワークです。
対象となる人が目の前にはいない設定でその人に対するポジティブな印象や、賞賛を発表します。

このワークを行うことで「チームメンバーに認められているんだ」「自分のいい部分をわかってくれている」とチームメンバーといる時の安心感がアップします。

人数〜20名程度
所要時間45〜60分程度

10. ワークスタイルトランプ・クラウド

専用のカードを用いて行うワークです。
52枚のトランプには

  • 服装が自由
  • 上場している会社
  • 社会貢献ができる組織

など「働き方」に関するキーワードが書かれており、それぞれ4つのグループに分類されます。
ワークを通し、「働くこと」に対して自分が何を大切にしているかが分かります。

人数1チーム4名まで
所要時間30〜60分程度

チームビルディングに効果的なゲームはこちらから

チームビルディング研修の提供会社

チームビルディングのためにサービスを利用する企業

チームビルディングに関する研修やワークショップを実施したことがなく、社内にノウハウが蓄積されていない場合、ワークを実施しても思うような効果を得られない可能性もあります。
そのような場合は、社外サービスを利用しプロの手を借りるのも1つの手段です。

チームビルディングのための研修やワークショップの企画、運営をしてくれるサービスをご紹介します。

1. バヅクリ

バヅクリ
出典:バヅクリ

研修やチームビルディングのためのワークショップの企画・運営をしているバヅクリ。
その他の参加者とコミュニケーションを取りながら行うプログラムが多いのが特徴です。
他の参加者とのコミュニケーションの機会が少なくなりがちな研修やオンラインでの実施でも、参加者同士で相互理解を深めることができます。
プログラムの豊富さも魅力で、各プログラムを組み合わせ自社にあった研修内容を作り出せます。

司会や講師を務めるのはその業界のプロ。
しっかり学べるだけでなくコミュニケーションをデザインし、楽しみながら盛り上がる研修やワークショップを作り出してくれます。
参加者満足度は97%で、これまでに300社以上に導入されています。

バヅクリでは企画から運営までをお任せできるので、社内負担を85%カットすることができます。

2. Schoo

Schoo
出典:Schoo

Schooは動画の視聴とオンライン研修を組み合わせ、学びを進めていくサービスです。

様々なテーマや、層に分けて研修が提供されています。
Schooからチームビルディング研修も提供されており、パッケージの中には

  • 組織マネジメント研修
  • アサーティブコミュニケーション研修
  • チームビルディング研修(初級)
  • チームビルディング研修(中級)

があります。
好きな研修を組み合わせ、自社にあったプログラムを作ることができます。

https://schoo.jp/biz/theme/teambuiding/

3. IKUSA

IKUSA
出典:IKUSA

チャンバラ合戦や、戦国宝探し、リモ謎など、多くのイベントを手がけるIKUSA。
IKUSAのサービスを利用することで楽しみながらチームビルディングを行うことが可能になります。
体力や運動能力の差、性別、国籍に関係なく楽しむことができるイベントが多く、大人数で実施可能なイベントも用意されています。

https://ikusa.co.jp/

4. ハートクエイク

ハートクエイク
出典:ハートクエイク

ハートクエイクはゲームを用いた研修の企画や運営を行う企業です。

  • 目的
  • 参加人数
  • 所要時間
  • 予算

に合わせてゲームを選定できます。

https://heart-quake.com/

5. チームビルディングジャパン

チームビルディングジャパン
出典:チームビルディングジャパン

チームビルディングジャパンは、チームビルディングのための

  • 研修
  • コンサルティング
  • イベントの企画運営

を行う企業です。
研修やコンサルティングを実施する際は目指すチームの在り方に合わせ、そこまでのプランや研修内容をデザインしてくれます。
イベントでは半日程度の簡単なワークショップを実施することも可能です。

https://www.teambuildingjapan.com/program/

6. リクルートマネジメントソリューションズ

リクルートマネジメントソリューションズ
出典:リクルートマネジメントソリューションズ

リクルートマネジメントソリューションズは

  • 人材育成
  • 組織開発
  • 人材採用
  • 制度の構築

などを行う組織で、チームビルディングを行うために、同社のダイバーシティ推進のための研修や、従業員満足度調査などが利用できます。

https://www.recruit-ms.co.jp/

まとめ

ワークショップを実施し

  • 相互理解が深まる
  • 心理的安全性が高まる

などの効果を得られることで、チームのパフォーマンスが向上しチームビルディングが成功します。

また、チームビルディングを行う際は

  • 目的を共有する
  • コミュニケーションを取りやすい環境を作る
  • 役割を明確にする

などご紹介したポイントに気をつけながら実行してください。