バヅクリロゴ
新人・若手社員研修

新人・若手社員研修の
オンラインプログラム一覧

新人・若手社員研修のプログラム 
| 全 59件
新人・若手社員研修のプログラム 
| 全 59件

こんな悩みや課題を
お持ちの方におすすめ

解決イメージアイコン
座学ではなくコミュニケーションが中心の研修を模索している
解決イメージアイコン
テレワークに適応したビジネススキルを会得させたい
解決イメージアイコン
社会人としての基本的なマナーを身につけてほしい

若手・新入社員研修の目的

社会人としての意識変革

新卒や若手の社員教育を目的とし行われる研修の中で、重要視したいものの1つが、社会人としての意識変革を行うための研修です。 社会人として仕事をしていく上で、まずは最初に「社会人になったんだ」という自覚を持ってもらうことがとても重要になります。 研修を行なっていく中で、社会人としての自覚を生み出すことが可能です。 研修の最後には研修レポートなどを提出してもらい、どこまで新入社員や若手社員の意識改革が行われたのかを確認してもいいでしょう。

一般常識、ビジネスマナーを会得

一般常識やビジネスマナーの会得も、新人・若手社員研修の目的の1つです。 社会人として組織の中で他者と共に仕事をしたり、他社に出向いたりするためには、必要最低限の一般常識やマナーを身に付ける必要があります。 また、そのような知識・マナーを身につけることは社員の自信にもなります。

一般常識やビジネスマナーを学ぶための研修は新入社員に対して行うだけでなく、入社1〜3年目の若手社員にも同様に研修を行うことをおすすめします。 知識のアップデートや、学習機会、成長機会を提供するためです。

コミュニケーション能力、報連相のスキル、目標達成意識などを養成

社会人としてチームで仕事ができる人材を育成するためには、コミュニケーション能力、報連相のスキル、プレゼンテーション能力、目標達成意識などを養成する必要があります。 スムーズに人間関係を構築したり、業務を遂行したりするために必要なスキルです。

このようなスキルや、一般常識、ビジネスマナー・ビジネスマインドを得るための研修は堅苦しい雰囲気になりがちですが、ユニークな研修を実施し、新人や若手社員に飽きることなく研修を受けてもらうことがポイントとなります。 研修プログラムを自社で企画するのが難しい場合は、外注をするのも1つの方法です。

バヅクリにおける新人・若手社員研修
研修の特徴

バヅクリの最大の特徴は、"やらされている感"のある一方的な研修ではなく、双方向コミュニケーションを中心としたオンライン研修が可能であるという点です。

buzzkuri_tsunagari.png

遊びと学びの要素を取り入れたワークショップを通して、新入社員・若手社員同士が主体的に取り組み本音で語り合うことで、基礎的なスキルを身につけながら同期同士のつながりを強化します。 参加型ワークショップを通して、アウトプットまで行います。 プロのMCや講師がファシリテーションを行うため、当日の進行も安心で、オンラインでも満足度の高いイベントが実施可能です。

導入も簡単で、最初に研修プログラム選びと日程調整を行なっていただければ、それ以外の企画〜当日の運営までをすべて一括で代行します。

実施社数400社以上

logo
多くの企業・組合様にてご利用いただいています。