エンゲージメント向上なら
バヅクリ
【体験会】オンラインでも距離が縮まる!おえかきコミュニケーションワークショップ

【体験会】オンラインでも距離が縮まる!おえかきコミュニケーションワークショップ

【体験会】オンラインでも距離が縮まる!おえかきコミュニケーションワークショップのイメージ画像

この研修プログラムの狙い

解決イメージアイコン
描くこと・言語化することで内省して価値観を認識
解決イメージアイコン
絵の対話を通じて、相互理解のある関係性を構築

講師によるプログラムの
ポイント紹介

本プログラムについて

参加人数目安:20名
所要時間:45分
本イベントはzoomを用いてのオンラインでの開催とさせて頂きます。
zoomのURLについてはお申し込み後に、本イベントページよりアクセスが可能です。

非日常な体験を通して相互理解を深める

おえかきを楽しみながら、参加者同士の相互理解を深めていくワークショップです。 おえかきという普段はあまり行わない非日常な体験が、参加者の心の緊張を解きほぐし、本音や素の状態を引き出します。また、無心になって絵を描くことで、リフレッシュ効果も期待できます。

内定者から新入社員、中堅社員まで様々な層の参加者の相互理解を深められるカリキュラムで、部署間を超えたコミュニケーションを図りたい場合もおすすめです。 MCがワークショップごとにそれぞれの目的にあったファシリテーションを行います

抽象的なイラストで言語化しにくい気持ちを可視化

参加するにあたって、絵が得意である必要や、上手に絵を描く必要はありません。 同ワークショップでは様々な色や線を用い、抽象的に感情などを表現をするイメージドローイングで絵を描いていきます

1分間という短い時間内におえかきを行うワークをアイスブレイクとして実施した後、線などを用い自由な表現で、自分の感情を絵を通して表現していきます。 言葉ではなく絵にすることで、言語化しにくい感情を可視化させることができます。

最後に対話ドローイングという、

・理想の「社会人」 ・わたしにとって「成長」とは ・〇〇年後の理想のわたし

などのテーマをもとに、描いた絵をシェアしながら対話を行うワークを実施。 このワークでは、言語化しにくいものもより本心に近い形で可視化でき、それを他者に伝えることができるようになります。 普段とは異なる角度から、自分自身を見つめ直すきっかけにもなります。

また、言語よりも価値観や本音をありのままに表現しやすいので、参加者同士の相互理解もより深いものとなるのです。

繋がりと一体感を感じられるカリキュラム

これらのワークを通し、その他の参加者の価値観や人となりを知ることができ相互理解が深まることに加え、〝おえかき〟という同じ行動を行うことで、一体感も感じられます。 言葉を使わないからこそ、より深く相手のことを知り、繋がりを感じられるプログラムです。

その他、このプログラムの受講が、後日の会話のきっかけになることも。

プログラム構成

1.はじめに ・本プログラムの説明 2.フラッシュドローイング 【個人ワーク】フラッシュドローイング(テーマに応じた絵を描く) 例:最近食べたおいしいものを描こう、最近頑張っていることを描こう、など 【グループワーク】描いた作品をグループで共有 3.イメージドローイング 【個人ワーク】イメージドローイング(感情を絵にする) 例:るんるん、イライラ、など 【グループワーク】描いた作品をグループで共有 4.対話ドローイング  【個人ワーク】対話ドローイング(自分の深層心理を絵にする)  例:私にとって「仕事」とは 【グループワーク】描いた作品をグループで共有 5.まとめ ※こちらは実際に実施する際のプログラム構成です。体験会では一部の内容のみのご紹介となります。

参加者の声

・絵心がなくても盛り上がれました。・絵を描くことはとても久しぶりでしたが、純粋に表現することの楽しさを思い出しました。・普段業務上あまり関わる機会がない人ともフランクなコミュニケーションがとれて嬉しかったです。

参加者の声

参加者様
銀行内定者
絵心がなくても盛り上がれました。
参加者様
メーカー内定者
同期の方の価値観や意気込みを知ることが出来て、一緒に働く仲間との繋がりを感じ、入社に向けて意識が高まった。 自身の理想の社会人像を改めて見つめ直し、社会人になる心構えができた。
参加者様
PR会社 社員
普段業務上あまり関わる機会がない人ともフランクなコミュニケーションがとれて嬉しかったです。

概要

会場

オンライン
※zoomを使ってのオンライン開催となります。事前にインストールをお願いいたします。
※zoomのURLについては、申し込み完了後、こちらのイベントページからアクセスができます。
※zoomに障害が発生し利用が困難な場合は、代替開催場所をメールにてお伝えさせていただきます。

担当講師のご紹介

鎌田 奈那美
2013年、おとなのための自由な表現の場を求めて「おとなの図工クラブ」を立ち上げる。アートの専門家ではない“一般の人”や企業のビジネスマン、学生等を対象に、ワークショップを開催している。 
アイシン精機株式会社、株式会社東芝、Indeed Japan株式会社など50社以上の実績あり。
※ご希望の日時や講師の都合によっていずれかの担当講師が決定されます。
※上記以外の講師が担当する場合もございますのでご了承ください。

必要準備物

  • コピー用紙5枚(A4サイズ推奨)
  • カラーの筆記用具(5色以上、クレヨン・ペンなど推奨)
  • バーチャル背景の使用NG(発表の際にカメラに写りにくくなってしまうためご使用を控えていただくようお願いしております。)
イベントによっては上記以外で追加で準備が必要なものが発生する場合があります。
イベント前に送られてくるメッセージを必ずご確認くださいますようお願いいたします。

所要時間

45

参加人数目安

20
参加者満足度
97%
交流達成度
98%
モチベーション向上度
100%
目的から探す
ジャンルから探す