事業が波に乗り、会社の規模が拡大すると必然的にメンバーをマネジメントする管理職も増えてきます。
創業者や経営者の思想や価値観、方針などをうまく現場に伝え、現場メンバーに気持ちよく働いてもらい、成果を出す。そんな経営と現場の橋渡し役となることが求められる管理職ですが、もしこの管理職ポジションがうまく機能しなければ、経営層と現場のビジョンの認識のズレが生じたり、不信感が生まれてしまい、不協和音が生じてしまいます。

そうした状況を避けるため、あるいはそうした状況から脱却するための一つの手段が、管理職研修です。現場で求められることとは全く別のものが求められる管理職は、現場で経験を積めば自然と必要な知識や考え方が身につくわけではありません。それを補うのが管理職研修です。

本記事では、管理職研修がいかに重要であるか、またどのような研修があるかについてご紹介します。

管理職研修が求められる背景

多くの企業の管理職には、自分の仕事に加え全体を管理する能力が求められます。しかし、自身の業務を遂行する能力と、自分以外の他人を含めたチーム全体を管理する能力は異なり、優秀なプレイヤーが管理職として必ずしもうまくいくとは限らないということに疑いを持つ人はいないでしょう。

管理職に求められる能力を、自社の自分の業務を通じて身に付けられるというのが一番の理想ではありますが、現実的にはそのような職場環境は稀といえます。

また、多くの企業の管理職にとっては、管理者として部下を指導・管理すると同時に、一社員としてこなさなければならない業務を多く抱えているケースも少なくありません。いわゆるプレイングマネージャーです。
そうした状況では日常の業務に忙殺され、管理者としての必要なスキルが身につかず、部下の育成に手が回らないまま自分で業務をこなしてしまい、部下が育たなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

こうした現実に対し、解決策の一つとして管理研修が求められています。

管理職に求められる役割

管理職に求められる役割

業務管理

プロジェクトの計画立案や進捗・予算管理、メンバーのタスク振り分け、進捗確認などチームあるいは部署全体の目標達成に向けた管理が求められます。
計画と乖離が生じている場合は、その差分を埋めるためのアクションを起こさなければなりません。

メンバー管理

部下・チームメンバーのマネジメントも管理職の役割です。メンバーが成果を出せるように環境を整えたり、努力する方向性を正したり、パフォーマンスが最大化できるような目標を設定したりと、チームメンバーを管理していくことが求められます。

ビジョンの浸透

会社や経営者のビジョン、方向性、価値観をブレなく理解し、それを部下・チームメンバーに伝え、浸透させていく役割を担います。
それらを浸透させるためには、まずは自身がそれらに基づいた行動をし、部下に示していく必要があります。

管理職研修とは

それでは、管理職研修にどのようなものがあるのか、また、管理職研修実施の際の注意点について触れていきます。

管理職研修の種類と目的

管理職研修には、大きく分けて新任管理職研修と、上級管理職研修があります。

新任管理職研修の目的は、所属している従業員の能力を向上させ、業績を上げることが自身の役割である、という意識を持ってもらうことが主な目的になります。

また、上級管理職研修は、組織の戦略立案とリスクマネジメントなどについて理解し、経営視点にたち学ぶことが目的となります。

管理職研修の内容(カリキュラム例)

主な管理職研修のカリキュラムとしては、

  • 業務管理・改善
  • 部下の教育・指導方法
  • コンプライアンス
  • チームマネジメント
  • リスクマネジメント
  • 戦略策定
  • 組織マネジメント
  • コーポレートガバナンス

などがあります。

他にも多様なカリキュラムが存在するので、組織の重要課題や、研修を受ける管理職の特徴や能力に応じてカリキュラムを決定するとよいでしょう。

管理職研修を実施する際の注意点

管理職研修を受ける際にはどのようなことに注意すればよいでしょうか。

まず重要なことは、研修内容、ケースワークを「自分ごと」として捉えるようにすることです。やらされている感があるまま研修を受けると効果が薄まり、せっかく時間を確保しても成果のない結果となってしまいます。

また、研修を通じて得た学び・アクションプランを、研修後も継続して実践していくことが大切です。学んだ内容を思い出す機会が定期的にあることで、記憶として定着していきます。研修での学びを実践しやすいように会社が環境を整えることも必要でしょう。
ポイントは、具体的な行動レベルまで落とし込んで理解してもらうことです。

人事など研修を実施・準備する側も、管理職研修の受講者から研修のフィードバックをもらい、内容などを改善していくことが重要です。

管理職研修サービス

管理職研修を提供しているサービスについてご紹介します。

1. CABETS(ネオキャリア研修サービス)

株式会社ネオキャリアが提供している研修サービスです。期間や内容を企業毎にカスタマイズすることができ、短期間/少人数でも受講可能です。

https://www.neo-career.co.jp/service/kensyu

2. リクルートマネジメントスクール

リクルートが提供している研修サービスで、150種類以上のカリキュラムコースが全国主要都市で開催されています。「コーチング」や「1 on 1」といった、マネジメント力を高めるための研修も充実しているのが特徴です。

https://www.recruit-ms.co.jp/open-course/manager/

3. インソース

インソースが提供している管理職研修サービスです。「理論の学習」ではなく、「実践演習」に重きをおいたプログラムと、実践重視のコンテンツが特徴となっています。

https://www.insource.co.jp/kanrisyoku/kanrisyoku_top.html

4. Schoo for Business オンライン管理職研修

株式会社Schooが提供する管理職研修サービスです。基礎〜スキル強化まで、さまざまな研修動画が用意されていることや、講師がビジネスの第一線で活躍していること、また会社として管理職に習得してほしいスキルに合わせて研修を行うことができることが特徴です。

https://schoo.jp/biz/theme/manager/?ref=bplishr&cid=ch1izssjrtiy&p=pgftx13r3tgh

5. バヅクリ

バヅクリ株式会社が提供する、オンライン研修サービスバヅクリ。手軽にオンラインで受講者同士のコミュニケーションを実現しながら管理職の研修ができます。
他の研修とは異なるユニークなプログラムをプロの講師から学ぶことができる点が特徴です。

https://buzzkuri.com/programs/%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%81%B7

バヅクリのプログラムの一部をご紹介します。

1. オンラインファシリテーション研修

オンラインファシリテーション研修
出典:バヅクリ

オンラインMTGにおけるファシリテーションについて学ぶプログラムです。

オンライン研修だからこそ必要不可欠な準備を確認したり、空気が読みにくいオンラインMTGを円滑にスタートダッシュさせるためのポイントや、参加者の多様性を活かしたファシリテーションの方法を学ぶことができます。

全員が参加し、発言し、多様性を活かした意見交換や、チーム創りを目指すのがこのプログラムのポイントです。

2. OJT研修

OJT研修
出典:バヅクリ

Z世代に対するOJTトレーニングの手法を習得します。OJTに関する基本的な知識の習得、Z世代ならではの特徴やリモートワークでの弊害といった悩みを解決しながら、ワークを交えて受講生同士の交流と共に楽しく学びます。

3. 仕事の悩みを解決する術を学べるコーチングの先生が教えるお悩み解決ワークショップ

仕事の悩みを解決する術を学べるコーチングの先生が教えるお悩み解決ワークショップ
出典:バヅクリ

入社後に抱える不安や悩み。その根源が何なのかは考えても分からないことは多々あります。このワークではコーチングの手法を使い、悩みの根源の引き出し方を学びます。

まとめ

管理職の社員

管理職は現場の社員が結果を残せるかどうかを左右する重要な役割を担うポジションです。
それゆえ、管理職自体の育成をしなければ、組織として結果を出せるとは言えないでしょう。自社で独自の管理職研修を行うことも可能ですが、時間と労力がかかってしまうため、外部に依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。