バヅクリロゴ
お坊さんが教える目標設定マインドフルネス 〜瞑想で新たな目標や夢を描こう!〜

この研修プログラムの狙い

解決イメージアイコン
参加者のやりたいことを引き出し、他の参加者とすり合わせをする
解決イメージアイコン
リラックスした状態を作って対話する場をつくる

本プログラムについて

参加人数目安:50名
所要時間:90分
本イベントはzoomを用いてのオンラインでの開催とさせて頂きます。
zoomのURLについてはお申し込み後に、本イベントページよりアクセスが可能です。

仏教の瞑想をもとに、マサチューセッツ工科大学が宗教的要素を除いて開発したストレス軽減法がマインドフルネス。近年では科学的に効果が認められ、Google、Apple、Facebookでも採用されています。ストレス軽減、集中力アップのみならず判断力の向上、チームワークの改善にも効果があるといわれています。

このプログラムでは、ジャーナリングという書く瞑想と呼ばれる手法を活用して、参加者のやりたいことを引き出し、さらに参加者同士で共有することでさらなる相互理解効果を実現します。カウンセラーの資格を持つ現役のお坊さんがファシリテートするので、悩みの解決やもやもやの解消にもなります。

プログラム構成

1.はじめに ・本プログラムの説明  2.マインドフルネス ・マインドフルネスの意味と効能 【全体ワーク】正しい姿勢と呼吸の仕方 【全体ワーク】マインドフルネス瞑想の実践 3.ジャーナリング ・ジャーナリング(書く瞑想)とは? 【個人ワーク】ジャーナリングの実践 例)今まで達成したこと、やり遂げたこと、性格や生き様が好きな偉人やキャラクターは?、日常的な小さな目標 - あなたのやりたいことは?、など 【グループワーク】自分の考えや感想をグループで共有 ※ジャーナリングはテーマを変えて2〜3回実施します。 4.まとめ

概要

会場

オンライン
※zoomを使ってのオンライン開催となります。事前にインストールをお願いいたします。
※zoomのURLについては、申し込み完了後、こちらのイベントページからアクセスができます。
※zoomに障害が発生し利用が困難な場合は、代替開催場所をメールにてお伝えさせていただきます。

担当講師のご紹介

草野 榮雅
高野山での修行後、早稲田大学にて認定心理士と社会福祉士の資格を取得。宗派を超えて集まった僧侶、約150名が仏事相談や人生相談を受ける一般社団法人「仏教情報センター」で15年以上、相談に従事し、現在は常務執行理事を務める。
※ご希望の日時や講師の都合によっていずれかの担当講師が決定されます。
※上記以外の講師が担当する場合もございますのでご了承ください。

必要準備物

  • コピー用紙5枚
  • 筆記用具
イベントによっては上記以外で追加で準備が必要なものが発生する場合があります。
イベント前に送られてくるメッセージを必ずご確認くださいますようお願いいたします。

所要時間

90

参加人数目安

50