エンゲージメント向上なら
バヅクリ
【体験会】心理的安全性ワークショップ 挑戦編 ~失敗を恐れず挑戦を称賛するカルチャーを作る~

【体験会】心理的安全性ワークショップ 挑戦編 ~失敗を恐れず挑戦を称賛するカルチャーを作る~

【体験会】心理的安全性ワークショップ 挑戦編 ~失敗を恐れず挑戦を称賛するカルチャーを作る~のイメージ画像

この研修プログラムの狙い

解決イメージアイコン
挑戦の結果としての失敗を称賛するマインドと心構えを学ぶ
解決イメージアイコン
会社と個人にとっての挑戦の重要性と、失敗を次に活かすやり方と実践的なコミュニケーション/マネジメント手法を学ぶ
解決イメージアイコン
相互にアクションプランを共有/コミットメントして、学んだことを実行する行動変容を促進する

本プログラムについて

参加人数目安:20名
所要時間:45分
本イベントはzoomを用いてのオンラインでの開催とさせて頂きます。
zoomのURLについてはお申し込み後に、本イベントページよりアクセスが可能です。

あなたの会社では「挑戦」ができますか?

「ただ淡々とルーティンワークをこなしているようにしか見えない」 「高い目標に挑戦してほしいのに、現状に満足してしまっている」 「大きな失敗はしていないが、大きな挑戦もしていない」 メンバーに対して、こんなネガティブな声を耳にすることは少なくないと思います。 でも実は、挑戦しないマインドを作っているのは、会社や上司が原因かもしれません

このワークショップでは

・挑戦が生まれない環境 ・心理的安全性を高める方法 ・挑戦し続けることの重要性 ・失敗のプロセス分析 ・挑戦と失敗に対する称賛

を学び、挑戦による失敗は叱咤するものではなく称賛すべきものであることを理解します。

メンバー各々が挑戦を称賛するマインドと心構えを身につけることで、失敗を恐れずに挑戦できる組織・チームへ変わる第一歩を踏み出すことができます

ワークを通して挑戦を称賛するマインドを身につける

企業も個人も挑戦無くして成長を掴むことはできません。 しかし、その挑戦には失敗はつきものです。挑戦における失敗は学びにつながり、確実に企業や個人の成長の糧となります。 本気で挑戦した結果の失敗は価値があることなのです。

まずこのマインドを身につけることで、心理的安全性の高い組織に近づくことができるでしょう。

このワークショップでは、目指すべき心理的安全性が高く、仕事の基準が高い組織とはどういう状態なのかを知るところから始めます。 そして心理的安全性が高く、仕事の基準が高い組織を目指すために、ワークを通してどのような行動やマインドが必要なのかを学習し、身につけていきます。

ワークでは、過去の失敗した経験についてプロセスを分解し、参加者同士で共有し合い、相手の挑戦に対する称賛とフィードバックを行います。 実際にフィードバックや称賛にチャレンジすることで、マネジメントや現場でのコミュニケーションに活用できる実践的なレベルまでスキルを落とし込みます。

この称賛ワークを繰り返すことで、挑戦や失敗に対する称賛が新しい挑戦への意欲につながることが実感できるでしょう。 そして、失敗を恐れずに挑戦することを称賛するマインドが組織やチームのカルチャーとなるのです。

アクションプランを相互コミットし行動変容を促す

ワークショップの最後には学んだことをどう活かすか、今日から実行するアクションを考え、参加者同士でコミットし合う時間を設けています。 このワークを実施することで、受講して終わりではなく、学んだ内容を今日からの行動に活かすことができるように導きます。

プログラム構成

1.はじめに ・本ワークショップの目的とグラウンドルール 2.心理的安全性低下の要因とそのリスク ・心理的安全性の低下が起こす「4つの不安」 ・不安が高まったときに見られる「行動」 3.心理的安全性の高め方 ・心理的安全性と仕事の基準 ・心理的安全性を高める4つの要素とその方法 ・心理的安全性を高めるポジティブフィードバックとその効果 4.心理的安全性と挑戦の関係性‐挑戦はなぜ必要? ・企業が挑戦することの重要性 ・個人が挑戦することの重要性 ・挑戦と失敗の称賛について 5.挑戦を称賛するカルチャー醸成のコツ ・心理的安全性を高める”称賛” 6つのコツとは 6.実践ワーク/失敗を人と組織の成長に活かす方法 ・失敗しっぱなしで終わらせないプロセス分析手法を学ぶ ◆総合演習:挑戦を称賛するカルチャー醸成の演習~学びの宝庫「失敗」を隠すなんてもったいない!~ 【Step1:個人ワーク】挑戦失敗体験分析ワーク~失敗の原因を分析する~ 【Step2:ペアワーク】挑戦失敗体験称賛ワーク~挑戦の結果失敗した体験をヒアリングし、称賛する~ 【Step3:グループワーク】フィードバックタイム~ヒアリング&称賛の様子についてフィードバックする~ 7.行動変容:日々の業務を変える ◆アクションプラン策定:学びを活かしたアクションプランを決める 【Step1:個人ワーク】各自でアクションプランを決める 【Step2:グループワーク】相互に行動変容をコミットする 【Step3:全体共有】アクションプランを共有しよう 8.まとめ・さいごに ・本ワークショップのまとめ ・講師よりメッセージ ※こちらは実際に実施する際のプログラム構成です。体験会では一部の内容のみのご紹介となります。

概要

会場

※zoomを使ってのオンライン開催となります。事前にインストールをお願いいたします。
※zoomのURLについては、申し込み完了後、こちらのイベントページからアクセスができます。
※zoomに障害が発生し利用が困難な場合は、代替開催場所をメールにてお伝えさせていただきます。

担当講師のご紹介

笹木 純子
バヅクリ株式会社 コンサルティング部(研修講師、MC、コンテンツ企画担当)。司会も研修も、クライアントの声に耳を傾け、同じ心の温度で伝えることを欠かさない。「話し上手は聴き上手。相手の心を動かすには、相手を受け止め、包み込むスキルこそ必要」との考えのもとその場にいる人が主役になれる場づくりを心掛けている。
原 良恵
カウンセラー、コーチ、キャリアコンサルタント、研修講師、ファシリテーター。2013年にヒューマンスキル講師として独立、2015年には株式会社リンクを立ち上げ、新入社員研修を中心にプレゼンテーションなどの研修講師及び、カウンセラー、コーチとして活動。
※ご希望の日時や講師の都合によっていずれかの担当講師が決定されます。
※上記以外の講師が担当する場合もございますのでご了承ください。

必要準備物

・A4の紙5枚程度 ・筆記用具
イベントによっては上記以外で追加で準備が必要なものが発生する場合があります。
イベント前に送られてくるメッセージを必ずご確認くださいますようお願いいたします。

所要時間

45

参加人数目安

20
参加者満足度
97%
交流達成度
98%
モチベーション向上度
100%
目的から探す
ジャンルから探す